風格もでる書体

実印イメージ

印鑑の書体っていろいろありますよね。
誰もが読み取れるものから、かなり崩した書体などさまざまです。
私たちの持っている印鑑も人それぞれ違います。

特に実印。
実印が押されたものを見たことがあると思いますが、子どもの頃なんて実印に何が書かれているのかさっぱり分からなかった記憶があります。 それは実は重要なことだと大人になって知りました。
会社で持つ実印、代表印も同じで、会社の実印も普段は目にすることってほとんどありません。
やたらに捺印するものではありません。
それはたとえば認印のような使い方をしてしまうことで非常に危険であるからなのです。

そういった代表印を印鑑屋さんでつくってもらうときには、印鑑の書体や大きさなど結構細かく決めるものなのです。
特に書体ですが、人気のあるものは「篆書体(てんしょたい)」や「印相体(いんそうたい)」など少し崩れた書体、また「古印体(こいんたい)」などがどの印鑑屋さんでも人気なのだそうです。

特に篆書体は書体の中でも歴史あるものだそうで、2000年以上も前に始皇帝によってそれまでにできていた漢字を整理しつくられたものだそうです。
簡単に読み取れる書体とは違って、 同じ漢字でもまったく違って見えるということからも判別しにくく実印にはもってこいだというものです。
偽造などされにくいですし、何より古い古い歴史の中でつくられた書体ですから、そういったものを会社の実印として使用するということで風格もでるのではないでしょうか。

ブックマークサイト

印鑑を買うときには、ここのサイトを参考にされることをおすすめします。
個人から法人まで、印鑑選びのポイントが紹介されているページです。

http://www.nttx.co.jp/

ページの先頭へ